家の買い替えは
「売り」と「買い」がポイント

家の買い替えはより良い住まいに住み替えるためや、子どもの成長や独立などによるライフスタイルの変化、引っ越しなどによって発生します。買い替えは、自宅の売却と購入を同時に行うのが一般的。できるだけ買い替えをスムーズに、そして損をしない方法を考えていきましょう。

selling_buy_points

買い替えはタイミングが重要

買い替えで重要なことは、現在住んでいる自宅と買い替え先の購入のタイミング。理想は、売却と購入が同じ時期ですが、なかなか実際にはそうはいきません。「売る」か「買う」、どちらかが先行する形が多くなります。双方の先行は、メリット・デメリットがあるので、客観的に整理して区別していきましょう。

自宅の売却が先の「売却先行型」

売却先行型は、自宅を先に売却する方法です。この方法では、自宅の売却価格が決まっているので、正確な予算が算出できます。次に住む物件の検討がしやすいことが、大きなメリットといえるでしょう。また、売り急ぐ必要がなく、価格交渉なども余裕をもって行えます。デメリットとしては、引渡し時期が決定した後、その間に新居を見つける必要があるということ。見つけられない場合、仮住まいという形で一時的にしのぐことになります。しかし、仮住まいから新居への引っ越しが発生するので、転居の回数が増えることや仮住まいの契約資金など、余計な費用がかかってしまいます。

買い替え購入が先の「購入先行型」

購入先行型は、新居を先に見つける方法です。大きな特徴は、ゆとりを持って買い替え先を探すことができること。自分が納得できる新居をじっくり探したい人に向いているといえます。また、先に購入するので自宅の売却が決まっても住む家の心配がなくなります。デメリットは、売却期間が長引いてしまうと自宅と買い替え先との二重ローンになる可能性があることです。

スケジュールと資金計画を立てる

売却先行型と購入先行型、どちらを選択するにせよしっかりとスケジュールを立てることが大切です。購入と売却の理想のタイミングを設定して、資金の滞りや仮住まいなどのコストを抑えましょう。資金計画も重要です。例えば、売却が遅れてしまい資金が入手できない可能性も出てきます。そのような場合に備えて「買い替え」ローンの利用なども想定しながら、資金計画を立てましょう。金融機関では、買い替えの相談やローンプランの提案を行っているので、上手く活用することがオススメです。

買い替えは、人生の中で大きな売買です。無理せず客観的な判断で、自分に適切な買い替えができるように計画的に行いましょう。