自分にあったタイプはどれ?
住宅ローンを組む前に調べておくといいポイント

憧れのマイホーム。どんな家を買おうかと、夢は膨らみます。しかし、高額な資金のことを考えると、現実的な心配が……という方も多いのではないでしょうか。そんな心配を解消する一つの方法が住宅ローン。金融機関では、住宅ローンに関するさまざまな商品を打ち出しています。金融機関によっては金利や条件が違うので、どれが自分に合った住宅ローンなのかをローンを組む前に調べておくといいポイントを一部ご紹介します。

loan_type_point

まずはマイホームの金額を見積もる

住宅ローンでお金を借りられたとしても、もし毎月の返済が家計を圧迫することになってしまうと、せっかく手に入れたマイホームでの楽しみや充実感が軽減されてしまいます。そのため、住宅ローンで借りられるだけ借りてマイホームを買うのではなく、家の購入金額を見積り、今の収入でどのくらいの住宅ローンが借りられるかをあらかじめ調べておくことは大切だと思います。では、どのように予算を決めるのでしょうか。まずは自己資金を調べます。次に毎月どのくらい返済できるかを検討しましょう。その際、収入は手取り額で計算し、ボーナスにはなるべく頼らないほうがいいかもしれません。ボーナスを購入資金に充てたいと考えるなら、繰上げ返済のための貯蓄といった感覚で貯めておくことをおすすめします。今後のライフプランも考慮に入れましょう。今の生活だけを見ていると、将来に必要なお金を忘れがちです。お子様もがいる場合は成長に応じてかかるお金があり、親の介護をする場合も資金が必要になってきます。また自分の退職後のプランも考えておくと懸命かもしれません。こうした今後の人生での必要資金を見積ることで、どのくらい支払いが可能かをより詳しく検討できると思います。そうすることで、家の購入予算や住宅ローンでいくら借りないといけないかが把握でき、資金計画ができてきます。

いくつかある住宅ローンの種類、その違いを知る

資金計画が整ったら、次は住宅ローンについて調べましょう。住宅ローンには種類がいくつかあります。大きく分けると、変動金利と固定金利(全期間固定金利、一定期間固定金利)です。金利も違いますが、メリットとデメリットもそれぞれ違います。選び方のポイントは資金計画や自分の職業や収入に合った住宅ローンであること。そのためにはその違いを知り、比較して自分に合う種類を選ぶことをおすすめします。まずは、変動金利。これは定期的に一度金利の見直しが行われることで金利が変動するタイプです。市場の金利水準の変化によるため、いつ上がっていつ下がるということを100%言い切ることは難しいですが、過去にさかのぼって市場の動向を見ることはできます。自分で調べるのが難しい場合は、専門家に尋ねてみましょう。メリットは単純明快、金利水準が下がれば利息が減額されるということ。高額な買い物だけに利息が少なくなるのは大きな利点です。では、デメリットはどうでしょうか。金利水準が上がった場合は利息の割合が増えるため元本返済が減らないことです。また、5年ごとの返済額見直しで返済額が増える()ことや毎月の支払いが利息分だけになる、さらには急上昇すると毎月の利息額が毎月の返済額を超えてしまう場合もあり、未払利息が発生するといった事態もあります。

※それまでの返済額の1.25倍を上限とする金融機関が多いようです。

続いて固定金利。これは金利が一定のため、毎月の支払いが確定します。返済額が一定である安心感、金利が上昇してもその影響を受けないことが魅力です。
しかし、変動金利よりも金利が少し高めに設定されていることや、金利が下がっても返済額は変わらないというデメリットもあります。この種類には一定期間だけ固定金利にする固定期間選択型があり、一定の期間が終了すると変動金利または固定金利を選択します。期間中は全期間固定型と比較すると低い金利での支払いが可能。子どもの教育費など出費の多い時期に住宅ローンが重なるというときなどはたいへん助かるかもしれません。期間終了後は金利の変動によりますが、多くの場合当初の固定金利よりもその後の金利は上がる傾向があるようです。最初がお得だった分、のちの優遇は抑えられるというわけです。さて、もうひとつの全期間固定金利のタイプ、フラット35も知っておきましょう。上述した全期間固定金利のメリットに加え、借入時に勤続年数が問われないこと、自営業でも申し込むことが可能というメリットがあります。さらに繰上げ返済の手数料が無料という大きな特典も。

一方で、半年型の変動金利より金利が高めであり、金利水準が下がっても返済額は変わらないというデメリットもあります。また建物の技術基準があるため、物件検査や適合証明書等が必要になったり、利用条件等もあるので事前に調べておくことをおすすめします。住宅を購入する際には、ローンの事務手数料や火災保険料といった諸費用もかかりますが、これらをローンに組み込むことができないため、別で資金を用意しなくてはなりません。さらに一部繰上げ返済の最低金額が高めです。繰上げするためには貯蓄してから返済するといいでしょう。

このほかにキャンペーン金利などもある場合があります。そのため、さまざまな種類と金融機関が打ち出す商品を比較検討することが重要だと思います。さらに手続きのための事務手数料や繰上げ返済での手数料、各種保険料などに関しても調べておくと、自分にあった住宅ローンを選びやすくなります。マイホームは自分や家族の“城”。賢い資金計画で楽しく充実したマイホームでの暮らしを手に入れましょう。