さすが、教育のまち日野!
個性豊かな日野市内17の小学校

ICT教育や学校選択制など、これまで他の自治体に先駆けて画期的な教育政策を導入してきた日野市。市内には17の小学校がありますが、それぞれの特徴や魅力を整理してみると、次の時代を担う子どもたちを大切に育てる日野市の方針が浮かび上がってきます。

hino_school

日野第一小学校 創立143年の伝統校

開校明治6年という伝統校。食に関する指導計画に基づき発行する「食育だより」や保護者・地域の「教育 食育だより」を活用し、各学級で具体的な指導を実施しています。
住所/日野市日野本町2-14-1

豊田小学校 地域に根付き、支え続けられる小学校

第一小学校同様、創立140年以上の歴史を持つ小学校。地域とのつながりが大きいところが特徴。2014(平成26)年に開校140年を迎えたのを機に、「日野第二小学校」から昔から親しまれてきた地名を含んだ「豊田小学校」に改称しています。
住所/日野市東豊田2-14-1

日野第三小学校 ICT教育を積極的に実践

昭和23年に日野第一小学校の分校としてスタート。2001年に児童用パソコン20台を設置したパソコンルームを設けたことからも、日野市のICT教育を積極的に実践している学校であることが伺えます。
住所/日野市日野台2-1-1

日野第四小学校 思いやりの心を育む教育

明治6年に安養寺の本堂を校舎にして「下田小学校」としてスタート。140年以上の伝統があります。東京都より平成26年、27年に「人権尊重教育推進校」の指定を受けていることもあり、道徳の授業を中心に全ての教科において「思いやりの心を育む教育」に力を注いでいます。
住所/日野市石田430

日野第五小学校 いじめ解消率100%を目指す道徳教育

「日野第五小学校に関わる人々が、前向きに生きる力を育む学校」を実現するために「書く力を伸ばす指導法の工夫」「いじめ解消率100%、不登校児童0人の達成」「一人一特色の実現」という方針を掲げて教育計画を練り上げる小学校です。
住所/日野市多摩平6-21-1

日野第六小学校 ユニークな教育プログラムを導入

外国語活動や、ICT活用教育などに力を注ぐ小学校。スポーツ選手による1日校長や講演会、各界の有名人を招いての講座など、ユニークなプログラムをたびたび盛り込んで、子どもたちの興味を高める工夫をしています。
住所/日野市多摩平3?21

潤徳小学校 自然環境に恵まれた伝統校

開校明治6年。南側に高幡山金剛寺があり、校舎の窓から重塔を見ることができます。1993年に用水を利用して造られたビオトープ(トンボ池)に小魚、ザリガニ、コイ、カワセミなど、さまざまな生き物がやってくる自然環境にも恵まれた学校です。
住所/日野市高幡402

平山小学校 大学や企業の支援を受けたICT教育

平成18年に統合新校として開校した、比較的新しい学校。大学や企業の支援を受け、ICTを「多様な子供の可能性を最大限に伸ばし、主体性を育むツール」として活用しています。また地域との関係を大切にするために、まつりの会場や防災キャンプ会場として開放し、積極的にかかわる機会を多く設けています。
住所/日野市平山4-8-6

日野第八小学校 いじめのない「また来たいと思える学校」を目指す

「子どもの笑顔があふれ、また来たいと思える楽しい学校」を目指し、「健康で、たくましい子ども」「美しいゆたかな心の子ども」「深く考え、やりぬく子ども」「力を合わせ、はげみ合う子ども」の4つの児童像の具現化を目標とする教育を展開しています。また「日野第八小学校いじめ防止基本方針」を掲げ、いじめ問題にしっかりと向き合う姿勢も打ち出しています。
住所/日野市三沢200

滝合小学校 広大な校庭に設けられた豊かな自然環境

約16,500平方メートルと広い敷地が自慢の小学校。学校の目の前を浅川の清流が流れ、校庭には3,936平方メートルの芝生・ビオトープ・古代米を植えている田んぼ・野菜や花が植えてある畑、そして何よりもたくさんの樹木があります。また「家庭学習のすすめ」(滝合バージョン)を発表し、学習習慣の定着を図ることにも力を入れています。
住所/日野市西平山2-3-1

日野第七小学校 1~6年生の班で遊ぶ「たてわり班活動」

研究主題に「豊かにかかわり合い、すすんで運動に取り組む児童の育成」を掲げ、さまざまな活動を展開しています。例えば「たてわり班活動」では、1年生から6年生までの各学年の子どもたちで班をつくり、朝の児童集会で一緒に遊んだり、全校遠足で一緒に行動するなどの実践を行っています。
住所/日野市神明3-2

南平小学校 授業創造プランに基づいた、きめ細かな指導

昭和49年に潤徳小学校隣に建てられたプレハブ校舎からスタートした小学校です。教科ごと、学年ごとに「授業創造プラン」を打ち出し、それに基づいて教育目標にも掲げている「自ら考え学ぶ子」の育成に先生たちが一丸となって取り組んでいます。
住所/日野市南平4-18-1

旭が丘小学校 集中力と記憶力を高めるための体育教育

平成28年度に創立40周年を迎えた小学校。「運動は集中力と記憶力をよくする効果がある」との方針から、体育の研究を積極的に続けています。最近ではさらに「元気(健康的)を基盤にして」のスローガンを推進。子どもたちが前向き、元気に学校生活を送れるよう、病気や怪我から身を守れる体力の育成にも努めています。
住所/日野市旭が丘5-21-1

東光寺小学校 子どもたちが育てた芝生が敷かれた校庭が自慢

グリーンの天然芝が敷かれた美しい校庭がある小学校。芝生は子どもたちが勉強の意味も兼ねて自分たちで育て、遊びや体育で活用しています。また食育にも熱心に取り組んでおり、地域の農家の協力を得て農業体験や福祉教育を進めています。文部科学省のコミュニティ・スクールにも指定され、地域に開かれた学校を目指しています。
住所/日野市新町3-24-1

仲田小学校 東京都の「健康づくり優秀校」受賞校

健康教育の取組の継続が評価され、「平成27年度東京都教育委員会健康づくり優秀校」の表彰を受けた小学校。日野市立病院や地域医療機関と連携して学校全体で健康づくりの取り組みを行ったことで、児童の生活習慣の改善や感染症の予防、その他の病気やけがの防止に大きな成果が見られたと発表しています。
住所/日野市日野本町6-1-74

夢が丘小学校 健康で、進んで挨拶できる子どもの育成に取り組む

平成28年度に東京都からオリンピック・パラリンピック教育研究開発校、コーディネーショントレーニング実践研究校に指定されている小学校。体育の授業を通した体力向上への取り組みを行っています。また「進んで挨拶ができる子ども」「正しい言葉づかいができる子ども」の育成のための道徳教育にも熱心です。
住所/日野市程久保1-14-2

七生緑小学校 児童同士の学び合いをサポート

児童自ら「やってみたい!」と身を乗り出す授業を心がけ、児童同士の教え合いや学び合いを重視しています。ICT を活用した授業、たてわり班活動、大学から講師を招いてのユニバーサルデザインの授業など、さまざまな工夫を盛り込んだプログラムを展開しています。
住所/日野市百草896-1

 

17校それぞれに特徴がありますが、共通しているのは体育・道徳を中心に、子どもたちの心身の健康に一生懸命取り組んでいるという点。もちろん日野市が強く推進するICT教育も全校で盛んです。「選べる学校制度」もある日野市ですから、子どもたちの今と将来を見据えて、一番フィットする学校で学ばせてあげたいですね。