健全なカラダや心をつくるために
日野市の「食育」事情

日野市では、平成20年に策定した「日野市食育推進計画」を実施するために、翌年には食育条例を制定しました。これは市民の健康や豊かな人生、そして、それらを次世代へ受け継ぐことを目的とし、学校などの教育機関や子育て関連施設、食に関する機関などの義務を明確するもの。そして、計画の進行具合を定期的にチェックし、市役所内部だけでなく有識者や公募市民での会議を行うというように、市全体での取り組みを精力的に行っています。では、その計画とは具体的にどんな内容なのでしょう。
hino-shokuiku

日野市で取り組む食育推進計画とは?

食育とは、健康な食生活を送るために、食事や食物に関する知識と選択力を身につける教育のこと。食品の選択や安全性、表示の仕組み、さらには農業との関係を学ぶことなど多岐に渡ります。「市民一人ひとりが『食」を通じて、心身ともに健康に生きてゆく」をモットーにした日野市食育推進計画では、下記3点に重点が置かれています。

まずは、家庭での食事について。食育の原点は家庭にあると考え、テレビを見ずに朝ごはんや夕ご飯を食べる習慣を育てます。これは、食事を家族団らんの場にする一つの方策。家族でのコミュニケーションにより、絆を深めることにもつながります。また、保育園や幼稚園での食育を推進したり、簡単に朝ごはんが作れるレシピなどの情報提供も行います。

続いて、学校給食について。日野産の野菜を給食に利用し、CO2削減にもつながる地産地消を推進します。食への理解を深める調理体験や農業体験を実施したり、保護者に対して児童・生徒が食べている給食を試食する機会を設けたりします。

そして、地域での取り組みについて。市民の健康を増進するために、保健師や栄養士などとともにメタボリックシンドロームを減らしていくことに注力します。生活習慣病の予防や改善のために食に関する各種教室を開催したり、食育推進活動を積極的に行う店舗を食育推進優良店として表彰するなど、地域ぐるみでさまざまな活動を実施します。

保育園給食がクックパッド公式キッチンに!

この計画の一環として、保育園での食育推進があります。日野市立保育園の給食は、栄養士が献立を作成し、子どもたちの成長に適した安心安全な食事を提供。かわいいイラストで食べ方のマナーやごはんの大切さを紹介したり、季節に合った栄養情報を掲載したりする「しょくいくだより」の発行や、朝、昼、おやつのさまざまな料理を味わえる「しょくいくレシピ」も手がけています。

●「しょくいくだより」・「しょくいくレシピ」
日野市役所ホームページ
http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/194,0,334,1959,html

さらに、日野市立保育園栄養士が園児のために考えた給食を、日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」上で公開! その名も「日野市立保育園給食のキッチン」。ここでのレシピは、保育園の献立を家庭用に少しアレンジをしていますが、簡単で分かりやすいと評判です。また、薄味なのに好評。園児たちにも人気のメニューがアップされているので、忙しい朝や休日のメニューに迷っても安心ですね。ぜひ活用してみてください。

●東京都日野市立保育園給食のキッチン
https://cookpad.com/kitchen/13438887

食事はヒトが生きていくうえで欠かせない要素です。密接な関係にあるがゆえ、食について学ぶことは、生きることへのヒントにつながることもあります。それぞれの年代に合わせた食育活動があるので、まずは気になるものから試してみるといいですね。