子育ての悩みを解消しよう
日野市には相談施設がたくさん!

スローガンに「子育てしたいまち・しやすいまち」と掲げている日野市は「子育て」に注力。その取り組みのひとつに、子ども家庭支援センターという、子どもと家庭に関する総合的な相談窓口を設けています。妊産婦の方、0歳から18歳までの子どものこと、子育ての悩みや不安、家庭問題などを電話や面談で相談できる機関です。さらにこのほかにも、さまざまな施設で子育てに関する疑問や不安、悩みなどの相談を受けています。そのいくつかをご紹介しましょう。

child-care

気軽に立ち寄れる「地域子ども家庭支援センター」

子育てや子どもの成長に関して、応援する「地域子ども家庭支援センター万願寺」と「地域子ども家庭支援センター多摩平」。ここには、日野市に住む0歳?3歳までのお子さんとその保護者が、いろいろな人と出会い交流したり、各種情報を入手したり、相談したりできる「子育てひろば」があります。自由に立ち寄れ、雨でも遊べるので気軽に利用できる施設です。同じくらいのお子さんを持つママたちとの触れ合いやスタッフとの会話で、リフレッシュできる時間として利用している方がたくさんいます。ミルクのお湯も用意されているので、小さなお子さんも安心して遊べますね。10時から15時まで開館し、子育て相談は9時30分から16時30分まで行われています。

○地域子ども家庭支援センター万願寺 Tel)042-586-1312 休み)火曜・祝日・年末年始
○地域子ども家庭支援センター多摩平 Tel)042-589-1260 休み)日曜・祝日・年末年始

特色のあるさまざまな「子育てひろば」

日野市には、上記の施設のほか、児童館や公立保育園、NPO法人などが主催する「子育てひろば」もあります。いずれも乳幼児と保護者が遊んだり、相談したりすることが可能。それぞれに個性があり、利用形態も違うので、いろいろと調べて利用してみるといいでしょう。そのうちの2つをご紹介します。

○日野市立次世代育成型子育てひろば程久保「あかいやね」
子育て相談や講座、季節に合わせた行事などを開く「子育てひろば」。室内でも遊べますが、花が咲き、野菜が育つ庭もあるので外でもゆっくりと過ごせます。ここでは、わかば保育園での経験などから職員とボランティアさんが相談にのる子育て相談も開催。保育士が常駐し、看護師・栄養士が質問に答える日もあります。
・電話相談:9時?10時 ※FAXでの相談もOK
・子育てひろばでの相談:10時?15時
・個別相談:15時?16時
<つどいの広場>9時?16時
<子育てひろば>10時?15時
住所)程久保876-2 Tel)042-594-7841 休み)日曜と祝祭日、12/29?1/3
http://business4.plala.or.jp/akaiyane/index.html

○みんなのはらっぱ
「みんなで一緒に子育てしよう」と、市民が市民のために始めた「子育てひろば」です。下記の2箇所で開催しています。お子さん(0歳児から)とその保護者が対象で、異年齢の子どもたちが一緒に遊べるのが特徴。おじいちゃん・おばあちゃん、出産前の方も立ち寄れます。いろいろな人に出会え、気軽に相談できたり、交流し合える場所です。
<万願寺交流センター> 万願寺4-20-12 万願寺中央公園内?/火曜?金曜 9時30分?14時30分
<南平駅西交流センター>平山4-18-1 都営平山アパート6号棟1階/火曜のみ 9時30分?14時30分
※いずれも8月・冬・春休み期間中はお休み
問い合わせ)NPO法人日野子育てパートナーの会 Tel)042-587-6276

寝ない、食べない、泣く……など、子育てに悩みはつきもの。こうした施設を利用した方からは、「一人じゃないんだと思えた」「子どもにとっても保護者にとっても楽しめる場所だと思う」などの感想が寄せられています。一人で抱え込まずに、外に出て人と触れ合い、自分自身やお子さんの健やかな日々をキープするのに活用してみてくださいね。