初詣だけではもったいない!
高幡不動尊で1日散策を楽しもう

「高幡のお不動さん」と呼ばれ、古くから親しまれてきた高幡不動尊。関東三大不動の一つに数えられるこのお寺は、日野市が誇る歴史的な文化財です。重要文化財の「不動堂」「仁王門」をはじめ、新撰組・土方歳三の位牌が納まる「大日堂」など見所も多く、さらにはアジサイの名所としても知られており、一年を通して参拝客が絶えることがないお寺です。

創建は奈良時代とも!? 東京でも有数の歴史ある寺

高幡不動尊の正式な名称は「真言宗智山派別格本山高幡山明王院金剛寺」。創建は平安時代初期と伝わる、東京都の中でも長い歴史があるお寺の一つです。(古文書によると、奈良時代以前から存在したという説もあり)慈覚大師円仁というお坊さんが清和天皇の命により、この地を東関鎮護の霊場と定めて山中に不動堂を建立、不動明王をご安置したのが始まりとされています。

室町時代には「汗かき不動」と呼ばれ、多くの戦国武将に崇拝されていました。これは鎌倉時代後期に発生した大風で不動明王像が破損した際、その修復のために全身に塗られた漆が光を浴びると反射して「汗」をかいているように見えたことに由来しています。このことが戦勝祈願でお参りに来た武将の間で「不動明王が全身に汗をかいて、お願いを聞いて下さる」という話として伝わったそうです。

江戸時代には、真言宗関東十一檀林の談義所(僧侶のための学問所)として、多くの学僧を輩出しました。しかし1779年に火災に遇い、大日堂をはじめ大師堂、山門、客殿、僧坊等を一挙に焼失。その後、復興は徐々に行われ、戦後になって仁王門、不動堂の改修、五重塔の建設、宝輪閣、奥殿の新設など次々と完了。見所満載のお寺として再び輝きを取り戻しました。

また最近では、新撰組副長・土方歳三の菩提寺として有名になり、境内内の銅像も不動尊の見所の一つになっています。

梅雨に咲き誇る7,500株のあじさい

多くの文化財に彩られた高幡不動尊。しかしもう一つ、境内を華やかに彩る魅力的な名物があります。それは「紫陽花(あじさい)」。6月初め頃から、広い境内と裏山の巡礼路の隅々まで約250種7,500株のアジサイが咲き誇ります。

毎年6月初旬から7月初旬まで「高幡不動尊あじさいまつり」を開催。期間中には写真コンクール、俳句短歌大会、山内八十八ヶ所巡りクイズなどさまざまなイベントが催されます。
豊かな緑に包まれた約30,000坪の境内に、ガクアジサイ、西洋アジサイ、縦長に花をつけるカシワバアジサイなどが一株ごとに異なった色合いを見せてくれます。また境内に設けられた山内八十八ヶ所の巡拝路の一部「四季の道」では「山あじさい園」が数か所にあり、可憐なヤマアジサイを鑑賞することができます。

お腹が空いたら、開運そばはいかが?

文化財鑑賞、あじさい鑑賞に疲れたら、休憩がてらお腹を満たしてはいかがでしょうか。参道には多くの飲食店が軒を連ねていますが、その中でも気になるのが「そば処 開運そば」です。

のり、ごま、花かつおが入ったシンプルな「開運そば」や、ドーンと大きなエビ天が乗った「福よせそば」など、食べるだけでご利益がありそうなそばメニューを目当てに、参拝客が多く来店しています。

また数量限定の「そば団子」は蕎麦の風味が最高で、女性には特におススメ。そばセットなどのお土産もここで購入することができます。

高幡不動尊に眠る生まれ変わり伝説の主人公

最後に、あまり知られてはいませんが、高幡不動尊には不思議な「少年」のお墓が存在しています。
アメリカ人の文人で、のちに日本で帰化した小泉八雲が、その著書「仏の畠の落穂」で紹介したことで世界中の研究者が知るところとなった藤蔵という少年の墓です。

1822年、現在の八王子市東中野で生まれた小谷田勝五郎という少年が、ある日「自分の前世は程久保村(現在の日野市程久保)の藤蔵である」と語りました。調べてみたところ確かに藤蔵という少年は実在しており、もちろん勝五郎は藤蔵のことなど知る術もないにもかかわらず、藤蔵の家族のことや、疱瘡で亡くなったなどの事実を言い当てたといいます。当時8歳の勝五郎少年が後から情報を得たというのは考えにくく、この話は輪廻転生の事例として江戸でも評判になりました。

その後八雲が海外に勝五郎の生まれ変わりを紹介したことで、江戸時代に多摩地域で起こった生まれ変わり騒動は、前世の記憶を持つ少年の事例として、世界中の研究者の目に触れることとなったのです。

高幡不動尊には勝五郎の前世とされる藤蔵のお墓があり、その脇には「勝五郎再生記」のあらましが書かれた説明看板が藤蔵没後200年を記念して2010年に立てられています。参拝の際に、探してみるとおもしろいかもしれません(墓地の中にありますが…)。
ちなみに勝五郎の方は55歳まで生き、明治2年に死去。そのお墓は八王子市柚木の永林寺にあります。

このように高幡不動尊にはたくさんの歴史的文化財、あじさい、グルメ、それに伝説の物語の少年のお墓など、見所が満載です。ぜひ週末に時間をかけて、のんびり参拝、散策をしてみてはいかがですか。